湘南 茅ヶ崎のカフェ
レンタルスペース
ホリデー ビレッジ

TEL.0467-53-7019
営業時間:10:00 - 18:00(不定休)

レンタルボックス作家さん紹介 kimihamaさん 

レンタルボックス作家さん紹介 kimihamaさん 

Holiday Villageのレンタルボックス

作家さん紹介

 

第2回目はkimihamaさんこと濱崎 喜美子さんです。

よろしくお願いいします~

 

城田「まずはkimihama さんという名前の由来を聞かせてください」

濱崎さん「シンプルに自分の苗字と名前つけました。自分もわかりやすいように笑」

「名前もそこから覚えてもらえるかなというのも考えてです。」

城田「なるほど~、自分の名前を屋号にする方も多いですね。それにしてもシンプル!!笑」

 

城田「それではkimihamaさんの作品はどんなものですか?特徴とかここがこだわりですというところがあればお願いします。」

濱崎さん「ビーズやクリスタルガラスを主に、サンキャッチャーやアクセサリーなどのハンドメイド作品が主にです。」

「クリスタルガラスは世界3大メーカー(アスホー、プレシオサ、スワロフスキー)の品を中心に使い、きれいなクリスタルの輝きを楽しんでもらえる作品作りをコンセプトとしています。」

濱崎さん「中にはガラス玉と呼ばれるものもあったりするので、品質だったりカット技術だったりが違ってきますね。」

「スワロフスキーは少し高くなってしまうので、ほかの2社を使うことも多いです。ほかの2社もクオリティ技術は劣らないし、値段もリーズナブルになるので臨機応変に使い分けています。」

濱崎さん「もともとはシャンデリアパーツとして海外では知られていて売られていたんです。」

「北欧は日が出ている時間が短い季節があるので、その時に太陽の光を少しでも室内に取り込むために生まれたのがサンキャッチャーなんです。」

城田「へー、そうなんですね!!」

城田「それでは今Holiday Villageのレンタルボックスに置いていただいているのは、サンキャッチャーや小物を中心ですね。」

濱崎さん「そうですね。ほかの方がアクセサリーが多いいのであえてHoliday Villageさんではアクセサリー以外のものを置いています。」

「バックチャームだったり、シンプルなサンキャッチャー、さらに今ならマスクにちょっとつけるチャームなども置いています。」

城田「この活動のきっかけはなんだったんですか?」

濱崎さん「まだまだ日本ではサンキャッチャーがなじみが薄いんです。なので、とてもきれいなクリスタルガラスのサンキャッチャーを、日本の和室やもちろん洋室でも使えるので広めていきたいと思っています。」

「特に女性はキラキラしたものが好きですしね。」

「気軽に使ってもらえるようなアイテム作りをしていきたいなと思います。」

 

城田「一番最初の始めたきっかけは何だったんですか?」

濱崎さん「母がビーズなどを使ってハンドメイドなどを作っていたので、たくさんのビーズを持っていたんです。」

「母にたくさんビーズあるから何かに使うなら使ってもいいよ、と言われてもったいないからちょっとアクセサリーとか作ってみようかなと思って。」

「たまたま手芸屋さんでもうすこし大き目のビーズなどがあって、クリスタルのものとかもあってだんだん使っていってたんです。」

「諏訪湖のほうにクリスタルのお土産屋さんみたいなところがあって、そこにサンキャッチャーが飾ってあって一つ買ってきたんです。」

「そのあと本屋さんでサンキャッチャーの本があって、もしかしたら自分でも作れるんじゃないのかなと思って自分で作り始めてだんだんとという感じですね。」

「天然石もすごく好きなので、そういうのも今は取り入れています。」

 

城田「それでは将来的な展望は?」

濱崎さん「気軽に使ってもらえるストラップだとかバックチャームとか、サンキャッチャーやクリスタルガラスなどを知ってもらって使ってもらえたらいいなと思っています。」

「とてもきれいなものだし、そういうサンキャッチャーを広めていきたいと思っています。」

城田「何かみなさんにメッセージがあればお願いします。」

濱崎さん「ぜひ実際に手に取って見ていただきたいです。光に実際に当ててもらってクリスタルガラスのプリズムを見ていただきたいですね。」

「もし気に入ったら生活に取り入れてもらえればうれしいです。」

 

キミハマさんのインスタグラムもぜひチェックしてみてください!!

kimihamaさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/kimihama1228/?hl=ja